セクキャバもおすすめ|風俗だったら、本気で月収100万円も狙えます
笑顔の女性

月収100万円を目指そうと思ったら、キャバクラ嬢になっても目指すことはできます。
しかし実際にキャバクラの仕事というのはあなたが思っている以上にハードです。

なぜなら、キャバクラはお客さんを楽しませるために会話を上手にしていかなければいけないからです。
風俗においても会話は求められますが、性的サービスがあるので会話だけがメインになることはありません。
だからある意味キャバクラは頭がよくないと、ちゃんと稼ぎ続けることは難しくなるでしょう。
特にアフターとか同伴といった店外デートもキャバクラにはあるので、風俗よりも全体的にしんどいと感じると思います。

ただ、そんなキャバクラにもちょっと憧れている人がいるでしょう。
通用するかどうかはさておき、一度は挑戦してみたいという気持ちがあなたにもあるかもしれません。
もしどうしてもそう思うのであれば、キャバクラではなく「セクキャバ」という風俗で働いてみてはどうでしょうか。
セクキャバはキャバクラみたいな雰囲気のお店になっていて、実際にキャバクラがあるところに建っています。
ただセクキャバは風俗店なので、基本的にはエッチなサービスを提供することになります。

しかし、セクキャバの場合は他の風俗とはいろんな点で違う部分があります。
まず「抜きサービスが一切ない」ということ。
つまり男性のアソコを見ることもなければ触ることもまったくありません。
お客さんはアソコを外に出すことすらできないので、醜いアソコを見る必要がないのです。
あとは「常に受け身スタイル」でもいいという特長もあります。
ずっと触られているだけでいいので、かなり楽に稼げるでしょう。